ネット銀行でお金を借りる

ネット銀行でお金を借りるメリット・デメリット

ネット銀行と言えば、ソニー銀行、じぶん銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行など、現在では、実にたくさんのネット銀行ができ、利用できるようになりました。 ネット銀行が存在しているのは知っているが、普通の街にある銀行などと比べてどのような点が違うのかあまり詳しく知らない人もまだ多いのではないでしょうか。 そんなネット銀行でお金を借りるメリットやデメリットをご紹介致します。

※消費者金融や銀行でお金を借りる予定の方は以下をご覧ください。
http://xn--king-z63cuoha8c7859bdkzh.net/

まず、ネット銀行でお金を借りる際のメリットを申し上げますと、金利が比較的低いということです。 例えばクレジットカードなどのキャッシングなどの金利は、だいたい18%程ですが、ネット銀行のカードローンは、1%台からあり、上限で14%くらいのネット銀行が多く、格段に低く抑えられています。限度額が高くなればなるほど次第に金利も低くなります。

しかも、かなり高額まで融資を受けることができます。500万円や1000万円といった金額の融資を行っているネット銀行などもあります。よほどお金に困窮している人以外は、このような金額の融資を受けれたら十分ではないでしょうか。クレジットのキャッシングでは、高くても50万円からスタートというクレジットカード会社がほとんどです。まとまった金額のお金を借りたい方には断然、ネット銀行のカードローンでお金を借りる方が得策です!

また、このような利点を活かしておまとめローンとして利用もできます。ネット銀行もおまとめローンを勧めている会社が多いほどです。 これは、銀行系カードローンは、総量規制の対象外になることに起因しています。総量規制とは、債務者保護のために、債務者の年収の3分の1を超える借入ができないようにした規制で、消費者金融や信販会社、クレジット会社などが対象となっています。消費者金融のからの借入やクレジットカードのキャッシング、信販会社のキャッシングなどがこれに当てはまります。 反対に、銀行のカードローンは、銀行法が適用されるため、この総量規制の対象外になっていて高額の融資を受けられる仕組みになっているのです。

ネット銀行のカードローンは、ネット上で全て申し込みから、審査、キャッシングまで行える点も利点と言えます。お手軽ですし、手間も掛かりません。ネット銀行だけに、最新のネットの利点を活かしたシステムを最大限に活かしています。またコンビニなどでキャッシングが利用できるように、日常生活にもマッチしたプラットフォームも活かしているので、非常に使い勝手が良いと言えます。 ネット銀行によっては、特典や優待制度、ポイントなどでキャッシングを利用した方へのサービスを充実させているところが多く、利用するごとに楽しみも増え、お得感もあります。 ネット銀行の需要がますます増え続け、供給も増えるにつれて、このようなサービスも向上し利用者にメリットが増えることでしょう。

逆に、ネット銀行のデメリット部分を見てみますと、ネットでの取引上のセキュリティーは気になるところではあります。 ネット銀行も万全の体制でセキュリティーチェックを行っていますが、リスクは依然として消えてはいないと言えるでしょう。第三者にキャッシングされてしまわないか、とても気になる部分ですし、個人情報の流出など、自身のパソコンのセキュリティーを強化したら大丈夫かと言えば、簡単には万全とは言えないかもしれません。 また、パスワードを忘れてしまったりして、ログインできないなどの問題もあります。問い合わせセンターなどで、すぐに解決する方法はありますが、慌てて手間取ってしまうこともしばしばあります。

ネット銀行によっては、万一、お金を引き出されたりした場合など、ネット犯罪によって受けた被害を保証してくれる会社もあります。また、独自のセキュリティーシステムで安全度を高めている会社もあります。このような技術は日進月歩なので、ネット銀行でキャッシングを利用する際には、十分にホームページなどで調べておきましょう。また、しっかりとした保証を行っているかも確認しておくことをお勧めいたします。

また、デメリットとして、ネット銀行が提携している金融会社やコンビニの全て網羅している訳ではありません。生活圏で、近くに提携している金融機関やコンビニなどのATMがあるかどうかも確認してから申し込んだ方が良いでしょう。都会に住んでいる人はまず、問題ないとは思いますが。ネット銀行には、手数料が0円で謳い文句にしている会社が多いですが、時々、一部手数料が掛かる場合もあります。利用するサービス内容や提携先によって若干の条件の違う箇所があります。手数料は大した金額ではありませんが、損した気分にはなります。よく、ホームページなどで提携先を確認する必要はあります。

ネット銀行では、ほとんど全てネット上で処理しますので、通帳などが無くそのことに違和感を覚える方もいるでしょう。また、困った時や相談したい時などは、対面で応対してくれる人がいないので不安に感じる方もいると思います。相談センターやメールでの問い合わせは、ネット銀行には必ずありますが、なかなか電話などでは理解しづらいことも多々有ります。そういう点は、結構気になるデメリットではあります。ネット環境に無いところでは、さらにそう感じるかもしれません。しかし、データーなどはもちろん全て管理されてますので、それなりの手続きや手間を掛ければ、それらの情報は全て把握することができます。ネットは便利な分は少し不自由なところや違和感を感じること出てくるのかもしれませんね。

ネット銀行を利用していて預金を預けている方は、実際に店舗が存在しないだけに、万一、倒産した場合などはどうなるのか少し心配ですよね。しかし、このような場合はペイオフで基本的にはしっかりと預金は保護されます。これは、大手の都市銀行などと同等に預金者の財産を保護する制度が整っています。ネット銀行が仮に破綻した場合でも1000万円とその利息は保証されます。 以上、ネット銀行でお金を借りるメリットとデメリットをご紹介してきましたが、デメリット部分よりはメリット部分の方が大きい印象を受けます。デメリット部分はしっかりとしたフォローがなされている場合が多いですし、不便に感じる部分も慣れれば大丈夫だと感じる部分もあるかもしれませんね。 何れにしても、お金を借りる選択肢が多い中で、自分のライフスタイルに照らし合わせてみて、ネット銀行が良い!と感じる方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか!